春ですね♪イギリスは祝日が4月、5月にはちょこちょこあるのでちょっとうれしいな♪


by ayufugu0622
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プチ旅行・2日目

2日目はボンとケルンの2都市巡りです。
デュッセルからボンまで電車で約50分。ボンは旧西ドイツの首都として発展し、今では静かな大学町になりました。確かにこぢんまりとしてとても西ドイツの首都!?とは思えないような穏やかな空気が流れていました。

電車が中央駅に到着し、まず朝市がやっているマルクトへ(市場)!!市場が大好きな私は何が売っているかな~っとわくわくしながら覗いてみると。。。。
e0084888_6224950.jpg

でっでかくて太いホワイトアスパラ!どのブースにもホワイトアスパラが~!ドイツはホワイトアスパラの生産地で有名らしくしかも5月~6月が旬だそうです。当然のごとくマルクトに来ているドイツ人はみーーーんな袋にたくさんホワイトアスパラを買い込んでいました。そういうのを見てしまうとついつい購買力が出てしまうチビ猫。買おうか買うまいかとずーっと迷いながらうろうろ。やっぱりアスパラは日持ちしないと思い購入は断念。
ロンドンに持って帰って調理したかったな~(涙)それにしてもこの太い白アスパラはいったいどうやって料理するのだろう。。。その報告は3日目にしますね♪

マルクト広場の目の前にはかわいいピンク色の旧市庁舎。
e0084888_6245313.jpg

そして広場のマルクトの野菜市場以外の雰囲気はこんな感じ
e0084888_6271221.jpg

そして旧市庁舎の反対側にはこんな方が。。。
e0084888_6275090.jpg

そうです。ボンはベートーベンの生まれた街として有名なんです。
やっぱり怖そうな顔していますよね。。。(笑)

音楽に携わっているチビ猫としてはやっぱり見に行かないと行けないと思い、ベートーベン宅へ行ってきました。ベートーベンはボンにいる間3回引っ越したといわれていますが、最初に生まれ4住んでいた家がこちら。
e0084888_6281660.jpg

e0084888_6284221.jpg

今は内部は記念館でベートーベンが使用していたバイオリン、ピアノ、あと直筆の楽譜、家具、絵などがたくさん置かれています。中でも面白かったのはベートーベンが使っていたという補聴器。30歳ごろから難聴が進み補聴器を使おうとしていたみたいですが全く役に立たなかったそうです。というのも今の補聴器と違ってサイズも大きく金属製のもので運ぶにも重いだろうな~っと思えるような補聴器でした。そしてちょっとおっかなびっくりなものが。。。ベートーベンのデスマスク。彼の死の約12時間後にとられたものがかざってありました。デスマスクをとった後難聴の原因を突き止めるために解剖もされたそうです。原因はなんだったんでしょうね。。。ちなみにデスマスクの横には41歳の時にとったふっくらとしたライフマスクも置かれていました。彼の葬送行列が水彩画で描かれていたのですが当時約20,000人の弔問者が訪れたそうです。

さてボンの街を散策してお昼を軽く済ませ今度はケルンへ移動。ケルンまではデュッセルに戻る途中電車20分で到着。ケルンといえばルール工業地帯。歴史の教科書で出てきましたよね~ドイツの重工業の中心地です。工場ばかりかなと思えばデュッセルと同じく緑が豊富でルール地方は60%緑に覆われているそうです。さすが環境保護の国ですよね。そしてケルンのシンボルといえばこちら
e0084888_629117.jpg

大聖堂です。157Mあってヨーロッパで一番高い大聖堂だそうですよ。確かに目の前で見るとたかーーーーーい!ゴシック調でトキトキしていますね(笑)頂上まで登れるそうですがこれがかなり大変みたいです。実はご主人様は21歳の時空手の指導でヨーロッパを車で周っている時ドライバーに突然ここで下ろされて大聖堂にのぼったそうです。当時現役でバリバリに鍛えていた彼でさえ頂上にたどり着く頃にはひざがガクガク。。。そんな話をきいたチビ猫は遠くから大聖堂を眺めて満喫させてもらいました(笑)大聖堂を眺めた後はケルンでショッピング♪

あっという間の1日でしたが祝日だった昨日とは違ってとっても活気があり楽しい時間をすごすことが出来ました♪次回は3日目の報告をしまーーーーす
[PR]
by ayufugu0622 | 2009-05-10 06:43 | Dusseldorf