春ですね♪イギリスは祝日が4月、5月にはちょこちょこあるのでちょっとうれしいな♪


by ayufugu0622
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:日々のこと( 27 )

今日のお散歩

ちび猫とご主人様はお散歩が大好きです。ただ最近では車での移動が多いため、散歩をする機会が以前よりぐんと少なくなりましたが、今日は「散歩」を目的にお出かけしました。そして久しぶりにすごく楽しい散歩コースを見つけましたよ♪

その場所とは、ロンドン在住の皆さんならご存知の Highgate Village です。
坂道になっている小さなメインストリートは昔ながらの雰囲気で、小さなお店(雑貨屋、本屋、お肉屋、パン屋、などなど)が並んでいます。なかでも気になったのがこちらのカフェ。いわゆるアフタヌーンティーやクリームティーができる所です。早速中に入ってみたら、お店の中も店員さの雰囲気も「50年代風」といった感じでとってもかわいいところでした。スコーンはもちろんホームメード。甘さ控えめでとてもおいしかったですよ。
e0084888_20125333.jpg

そして次の目的地はお墓。お墓!?って思うかも知れませんが、Highgate Cemetaryは実は観光地としても知られている場所で、たくさんの有名な方々がここに眠っていそうです。知る人ぞ知るエリアなんでしょうね。Highgate Villageから徒歩5分−6分ぐらいでしょうか。車一台分くらいの細い坂道を下っていくとこんなに多くの人たちが行列を作って待っていたんです!この墓地は西と東に分かれていて西はかなり有名な方々が眠っており、そのお墓と墓地内の庭園を巡るツアーまであるんです!(ちなみに参加費用は5ポンド。)私たちが訪れたのは西ではなく東。こちらも有料で3ポンド。
e0084888_20135425.jpg

こちらが西のゲート
e0084888_20142678.jpg

こちらが東のゲートで私たちが訪れた方です。

今までお散歩をしながら墓地を見かけることはあっても有料の場所なんて初めて。ちょっとわくわくしながら中に入りました。すると確かにちょっと豪華です。それぞれのお墓のエリアにはまるで花壇のように綺麗な花が植えられていました。そして見てください、結構観光客が来ているでしょ~!日本の霊園とはまた違った平和な雰囲気が素敵です。
e0084888_20163988.jpg
e0084888_20165519.jpg

e0084888_20213644.jpg


あ!ありました~ご主人様が以前から見てみたいと思っていたお墓!
さて、この方誰でしょ~顔がでかいですよね(笑)
e0084888_20172083.jpg

有名な経済学者、カールマルクスです。
彼だけ全く別格のお墓でしたよ。だって銅像つきなんですもの。それにしてもでかいですね。ちび猫の身長など遥かに超える高さです。ご主人様がカールマルクスのお墓を見て「うん、素晴らしい。君ィ、私が死んだら道着を着た銅像のついたお墓を建てたまえ」って(大山総裁口調で)いうんです。想像したらおかしくて笑いがとまりませんでした。

ところでこの東エリアはカールマルクス以外にも有名な方がのお墓がいっぱいあって、ご主人様はまじまじといろんなお墓を見ていました。中でもラルフリチャードソン(ローレンスオリビエとも並ぶ英国を代表する舞台俳優だそうです)のお墓の前ではしばし立ち止まっていました。ラルフさんを含め、知識が乏しいチビ猫には知らない人ばかりでしたが。。。。(恥)

その後は隣に隣接している公園をさらにお散歩。歩いている間に気候もだんだん良くなって本当に気持ちのよい一日でした。
e0084888_20211331.jpg
e0084888_20212859.jpg

[PR]
by ayufugu0622 | 2009-04-13 18:57 | 日々のこと

人助け

やってしもうた!ひと月以上もカワイイわがブログを放置プレイしてしまいました(汗)
もう春だというのに、いつまでも雪景色ではまずいでしょう。。。

さて、ちび猫は相変わらず元気に飛び回っております。そうです、もともと文章を書くのが苦手なのでブログの更新を後回しにしているうちにこんなことになっていたのでした。。。

さてさて久しぶりのアップのトピックは「人助け」です。
昨日ご主人様が空手関係の打ち合わせでとある方と夜出かけていた時のことです。その方のアパートで何者かが窓ガラスがバリバリに割っている!という連絡が奥様から入り、旦那様のミーティング相手の方は大慌て!警察に電話したものの15分ぐらいかかるなどと適当にあしらわれてしまい(結局こなかったという後日談。。。この国の警察はあてになりません。。。)、さらにパニック状態に陥ってしまったのです! そこでうちのご主人様、「じゃあすぐ帰ろうぜ。俺も一緒に行くよ」と落ち着き払って言ってのけたのでした! そしてすぐさま2人で現場に直行。その方は棒を握り締め、ご主人様は素手で建物の中に入って行ったそうです。現場はガラスの破片と血痕でいっぱい(ブルブル!!)だったそうですが、窓ガラスを割った犯人は既に逃走した後、しばらく様子を見て問題がなさそうなことを確認したご主人様は一人で歩いて帰ってきました。とにかく何も怪我がなくてよかった。でもよく考えたらもしその場に犯人がいたら恐らくご主人様にコテンパンに叩きのめされていたことでしょう。。。そんなことがあっても平然としているご主人様はやはり「只者ではない!」と思いました。

ついでにご主人様の武勇伝をひとつ。以前に二人で近所のスーパーに向かって歩いていたときのこと、中東系の人たちが血まみれになりながら木の棒で頭を殴り合っている場面に遭遇したことがあります。5対5くらいだったと思います。みんなが遠巻きにして事の顛末を見守っている中、ご主人様は平気でツカツカと彼らの方へ歩いて行ったのです。そしてすれ違い様に一番近くにいた大柄の人にものすごい速さで蹴りを入れました!すると何故かそこにいた3人ぐらいがいっしょに吹っ飛んでしまったんです!!! ご主人様はそれには目もくれずにスタスタと歩いていきます。あとから「なんであんな危ないことをしたの??!!」と聞くと、「だってあの喧嘩あまりにレベルが低いからいつまでも待ったって勝負なんか着かないよ。そんなことしてたらスーパーが閉まっちゃうじゃないか!」との回答。。。 結婚前の武勇伝はあえて聞かないことにしています。。。

今日は、ミーティング相手の方から「一緒にアパートまで行ってくれたお礼に」、ということで、なっなんとこんなにいっぱいのお寿司を頂いてしまいました!その方曰く、「あんな状況で “一緒に行く” なんて簡単に言ってくれる人はめったにいない。しかもいつもと同様にまったく落ち着き払っているので、こちらまで気持ちが落ち着いてきた」とのこと。ご主人様は「別に大したことしたわけじゃないよ」としきりに恐縮していました。何はともあれ、誰も怪我をせずに済んで本当に良かった! そんなわけで期せずして我が家に届いた美味しいお寿司をたらふく食べて満足なちび猫でした。
e0084888_7225485.jpg

e0084888_7231892.jpg

[PR]
by ayufugu0622 | 2009-03-23 06:47 | 日々のこと

雪♪雪♪雪♪

イギリスに住んでいるか方は間違いなく今日はこのトピックでしょう(笑)
この国にしては1991年以来の「大雪」が降りました。
昨夜から降り始めていたのですが、わくわくしながら朝カーテンを開けたら!!!!

e0084888_233228.jpg

ちなみにこの写真は朝の7時半ぐらいです。暗いでしょ(笑)だいぶ明るくなったんですよ。

テレビでは大雪について大騒動。バスは運行中止。地下鉄も地上を走っている駅は閉鎖、学校はほぼ休校などなど大パニックです。さて主人の会社はどうだろうかと心配したものの、車通勤の為とりあえず行って来ると予定通り出勤。私も通勤は徒歩15分なのでもちろん出勤。日本でもそうだったのですが雪であろうとも、台風であろうとも、全く影響を受けないエリアに住んでいるのでこうゆう時ちょっと残念。

でも徒歩15分なので今日は雪対策に考えたのがこちら!
実はお散歩用に買った長靴なのですが買ったと同時に散歩に行かなくなってしまいタンスにずーっと眠っていたんです。ここぞとばかりに今日は活躍していただきました♪
e0084888_23363221.jpg

全くぬれることなくまるで乗馬に行くかのような格好で今日は出勤させてもらいました(笑)
ハンターの長靴なんですがちょっとおしゃれになっていてお気に入りです。

そしてこちらが私が通勤途中にデジカメで撮った雪景色。
やっぱり雪をみるとちょっと興奮してしまうチビ猫。
e0084888_23382694.jpg
e0084888_23383726.jpg
e0084888_2338495.jpg


通勤途中と通勤帰りに撮ってみたんですが、メインの車道はなんとか雪がなくなってすっきり。うちの近所は相変わらず真っ白です。
明日もこんな状態が続くのかしら。。。。ちょっと心配です。

もうひとつうれしいことといえばピアノレッスンのキャンセル。さすがに今日は自分の車で生徒さんの家まで行く自信はなかったのでキャンセルさせてもらったんです。なのでこんな風にのんびりブログもアップしているのですが、ちょっとこれから何をしようかな~っとわくわくしているチビ猫でした。

外ではうれしそうに子供たちが雪合戦しています。たまにはこんな月曜日があってもいいかも。
都会だからこそ起こる雪のハプニングですよね~♪
[PR]
by ayufugu0622 | 2009-02-02 23:48 | 日々のこと

気がつけば。。。。

皆様、寒中お見舞い申し上げます。
気がつけばもう1月下旬になってますよね。
(壁紙がいつまでもクリスマスバージョンですみませんでした。。。恥)

実は12月中旬から4週間ほど日本に一時帰国してました。
ちび猫にとってはとっても短い4週間で毎日ばたばた走り回ってなんとか先週ロンドンに戻ってきたんです。日本では実家にいた為至れり尽くせりで何もせずひたすらおいしいものを食べ続け、温泉にも何度も入り、本当に極楽の生活を送っておりました。そのせいかロンドンに戻ってきた時は非常にがっかりしていたんですが(笑)またいつもの生活のリズムを取り戻しております。

日本に滞在中一緒に遊んでくれた友達(色々つきあってくれてありがとう!)、介護までしてくれた友達(笑)、温泉に何度もつきあってくれた両親、おいしいものを毎日いっぱい作ってくれたお母様、色々車で連れて行ってくれたお父様、とにかくいっぱいいっぱい楽しい思い出ができました。ありがとう!!!!

2009年もまた新たなる気持ちでがんばります。
今年もよろしくお願いしま〜す!

ではまた近いうちにアップしますね(笑)
[PR]
by ayufugu0622 | 2009-01-20 03:05 | 日々のこと

今年最後の大仕事

気が付けば早くも師走ですね~ちび猫も皆さんと同様に忙しく走り回っています。

我が家では毎年この時期と言えば、ご主人様の空手道場主催のクリスマスパーティーです。この準備が大変で大変で。。。当日のプログラムから、少年部生徒たちへのプレゼントの準備、ゲームの景品、チケット作成、料理の手配などなど、ちび猫とご主人様は何週間もかなりバタバタすることになります。年間を通して道場最大の行事となるこのクリスマスパーティーも今年で4回目。うれしいことに参加人数は年々増え続けて、今年はなんと100名以上になりました!!!!人数を数えてみてびっくり。きゃあ~(うれしい悲鳴)。おかげで景品が足りなくなりはしないかとパーティー中はかなりヒヤヒヤしました(笑)。パーティーの内容はというと子供クラスのお母さん方が持ってきてくださったおいしいお料理を食べたり、ゲームをしたり、そのほか、先生からお弟子さん全員一人一人にクリスマスカードとプレゼントの贈呈、子供たちの演芸会、プレゼント交換、先生への質問コーナー、がんばった生徒さんへの表彰式などなどかなり盛りだくさん。中でもちび猫が一番ドキドキさせられたびっくり演目はご主人様の試し割りです。去年はバットを下段回し蹴りで折るという試し割りを披露しました。それでも十分びっくり!!なのですが、「弟子の前で同じ試し割りは2回できない!」というご主人様の堅いポリシーのもと、今年はバットを手刀で折ると言いだしたのです。それを聞いた時は心の中で「えーーーーーーー!」、しかもご主人様は続けざまにこう言ったのです。「バットを手で折るというのは大変なことだ。もし手が折れたらごめんな」。それを聞いたちび猫は「???えーーーーーーーーーーーー!!!!!」っと今度は声に出して騒いでしまいました(わかるでしょ??!!)。するとご主人様は「武道家の妻なんだからそれぐらいの覚悟はしておかないとダメだ!」とキッパリ。なるほど。。。とちょっと反省しつつも、さすがに心配でした。しかし一度言い出したら梃子でも動かないご主人様のこと、何を言っても無理というのはわかっているのでさっさと諦めました。。。。。。子供たちの演芸会に続いてプログラムにない試し割りが始まりました。まずは世界大会に出場が決まっているお弟子さんの板割りです。3方向に高々と掲げられた分厚い板を上段回し蹴り、上段前蹴り、そしてアンディ・フグの必殺技=踵落としで華麗に真っ二つにして大歓声を受けた後、いよいよ真打=ご主人様の登場!!始まる前からドキドキしてしまいました。ご主人様がお弟子さんたちを前に「今年は手刀でパットを折ります。やったことがないのでできるかどうかは分かりませんが」と告げると、会場に大きなざわめきが。。。しかし勝負は一瞬でした。バットの前に立って位置と距離を確かめ、一呼吸したと思うと大きな気合いもろとも一体何が起こったのかわからないような速さで一気に手刀を振り下ろすご主人様。バットはそのまま「バキッ!」っという音を立てて真っ二つに折れました!!!!手刀であっさりおってしまったんです~!!!周りからは割れんばかりの大歓声が!ちび猫も拍手して大喜びしてしまいました。恥ずかしながらちょっと安堵で涙もポロリ。いやーよかったです。しかし間近で見るとすごい迫力ですよ~!!!一般部のお弟子さんたちは目を輝かせて先生に寄ってきて次々に握手を求めていました。折れたバットをまじまじと眺めて真っ二つになったバットの写真を撮っているお弟子さんも何人かいました。フランス人のお弟子さん曰く「この折れ方はすごい。木の繊維を無視して折れていると言うよりは切れている感じだ」とのことでした。本人曰くその日は朝からとても気が充実していて「これならいける!」と思っていたそうです。「気」のパワーってやっぱりすごいんですよね。ちなみにちび猫は気功のクラスに参加したとき全く自分で気が出ている感覚はありませんでした。。。(涙) 武道家の妻として気のパワーを実感できるように修行しなくちゃ!

このクリスマス会が終ると今年も終わりだな~ってホッとするんです。
来年もさらにいいクリスマス会ができるように頑張りたいです。
とにかくご主人様、怪我もなくてよかった~
ちなみに野球をされる方、申し訳ございません。バットは折る為にあるんじゃないんですよね。ご主人様もこの点はよく心得ているのでどうぞ悪しからず。
[PR]
by ayufugu0622 | 2008-12-08 08:01 | 日々のこと

新しい習い事

そういえばちび猫は9月から新しい習い事を始めました。これが以外にも楽しくてちょっとはまっているんです(笑)

じゃじゃじゃーん、「レディース空手」です。実はウチのご主人様、ここロンドンで100名以上の門下生を抱える極真空手の先生なんです。私は結婚するまで空手とは全く無縁で「極真」なんて聞いたことすらありませんでした。いつも空手教室のお手伝いはするものの、興味があるわけでもないので真剣に見ることもありませんでしたが、このレディース空手を始めるようになってからというものいろいろな発見もあり、見方がちょっと変わりましたよ~

なぜレディース空手を始めたかというと指導の先生が女性だからです。そしてこのクラスは読んで字のごとく生徒も女性オンリーなんです。だから内容も女性向きで一般の空手の稽古より、やさしく、かつ美容と健康を意識した内容が含まれているんです。だからこれはまさしくちび猫向き!っと思い、クラスのお手伝いしながらクラスにも参加させてもらってるというわけです。

道場では「押忍」という言葉を使ったり、大きな声で気合を入れたり、そして最後には道場訓をみんなで暗唱します。いやーすべてが初体験でおもしろいですよ。たまにはこういう方法で気持ちを集中してみるのも、これまでにない刺激で生活にぴりぴり感が入って気持ちよいです。そういえば小さい頃はこういう世界にちょっとあこがれていたこともあったわ。。。合気道に体験入門して自分の体の硬さの恥ずかしさですぐに辞めてしまいましたが。。。。(笑)

そんなわけで今年もまた新しいチャレンジをしているちび猫です。

押忍!

ちなみにここをクリックすると道場訓が聞けますよ!

http://www.kyokushinkai.org.uk/about-kyokushin-karate_jp.html
[PR]
by ayufugu0622 | 2008-11-19 06:15 | 日々のこと

至福のひと時 パート2

ひゃーーーもう11月!!2008年も残り僅か。。。。怖いですね~。ついこの間新しい年が始まったと思っていたのに(涙)。歳を重ねるにつれて1年がどんどん早くなると言われますがまさにその通りですね。。。。

さて昨日は我が家には久しぶりにお客様がいらっしゃいました。ご主人様の上司(?)にあたるイギリス人の方です。ご主人様同様、かなりの大食漢と聞いていたので、「気合を入れて夕ご飯を作らなければ!」と覚悟をしていたものの、会ってみてびっくり!!身長190センチ、体重は100キロを裕に超えているであろう巨人でした。しかし怯むことなくさらに気合いを入れなおしたちび猫。ご主人様と仲良しになる方々はある意味、常識的理解の枠を超えた超人(?)たちが多いのでこれくらいヘッチャラなんです!

ちなみに彼は日本を4度も訪れたことがあるという大の日本びいきです。
ですから夕食は遠慮せずに日本食をたーーーーっぷり!
e0084888_2452131.jpg

じゃじゃーんまずはメインの海鮮丼!もうここは日本かと思えるぐらいいっぱいのっけちゃいました。ちなみにこれは私の分なので小さめのどんぶりです。ご主人様とお客様はどんぶりでは入りきらなかったので大皿を使いました(笑)具はえび、いか、たこ、卵、いくら、はまち、かつお、鯛、サーモン。もうとってもおいしくてちび猫は大興奮状態でした。もちろんお客様も大喜び♪

そしてこれだけで足りないと思い、追加のおかずを作りました。
餃子と焼き鳥です。(ここは日本か!?)って思っちゃいますよね(笑)
e0084888_246470.jpg

こんなにいっぱいお肉、お魚を食べることはめったにないちび猫家なのでちょっと不思議な感じでした(笑)。

あとは野菜サラダとジャガイモ入りお味噌汁。さすがの巨漢英国人も最後はお腹がいっぱいで苦しそうでした。また彼は緑茶が大好きとのことで、おおきなマグカップに7-8杯飲んでいました。こんなに飲んだらカフェイン中毒にならないかと心配するほど。。。しかしこれだけ飲んで食べてくれると作るほうとしては気持ちのいいものです。彼は今年56歳なのですが、がっちりした筋肉もりもりの身体で、運動も毎日欠かさずにされているということでした。とにかく大の話好きで朝10時から夜の10時までノンストップで話づめ。非常にエンタテイメント性に富んだ面白い話をされる方でしたが、さすがのちび猫も最後はちょいとくたくたでした(笑)。ちなみにうちの旦那様は上記内容に加え、ご飯を御代わりした上にちび猫が食べきれずに残した分もすべてペロリと平らげていました。いい加減にしないとまた太るよ~!もう~~!!

今日は面白いお話がたくさん聞けた上に、こんなに美味しいものもいっぱい食べられて本当に楽しい1日でした。人の出会いは不思議なものです。外国へ来てご主人様を通して知り合った大きなおじさんが今はちび猫の友達でもあります。いっしょに美味しいものを食べてたくさんお話してたくさん笑った人のことは忘れませんからね。
[PR]
by ayufugu0622 | 2008-11-03 03:16 | 日々のこと
この間もお伝えしたとおり、ちび猫家は秋のエンターテイメントで大忙し。
今週はオアシスのコンサートにウェンブリーアリーナまで行ってまいりました。
オアシスのコンサートは以前に名古屋で2回見たことがありますが、ロンドンで見るのは今回が初めて。しかもウェンブリーも初めてだったのでちょっとわくわく。

ウェンブリーアリーナはスタジアムの横にある3000名規模のホールで、スタジアムに比べたらだいぶ小さいけどちょうどよい大きさでした。それにしても会場の中に入ったらびっくり。みんな片手にビール、ビール、ビール、ここはパブか?っと思えるぐらいお酒をくるったように飲んでおりました。イギリスは会場に持ち込みOKなので演奏が始まってもビール片手に大盛り上がり。パイントが空になると演奏の途中でもお構いなくバーにいそいそとビールを買いに行ってしまう・・・これが英国流コンサートの楽しみ方なんですね! パブに集まって大型スクリーンでビール片手にサッカー観戦をするのと同じノリです。

前座のバンドが演奏しているときは3分の1くらいの客入りだったけど、オアシスの演奏が始まったとたんに会場はぎっしり。外で飲んでいた客は気が付けば全員会場の中にいました。演奏が始まるやいなや会場は大合唱状態。オアシスの曲は英国版「みんなのうた」なんです! いや~ここまでみんな盛り上がってくれるとほんとに気持ちいいですね。オープニング曲の「ロックンロールスター」からアンコールに演奏されたビートルズのカバー曲「アイアムザウォルラス」まで会場はあまり馴染みのないニューアルバムからの曲を除いて最後まで大合唱が続きました。心地よく酔っ払って大声で一緒に歌う、ちび猫はトイレが近いのでちょっとお酒は我慢していたのですが、こんな音楽の聴き方もいいかもと改めてイギリススタイルに感心してしまいました。オアシスのすごいところは普段はCDなど絶対に買わないような人までファンにしてしまうところ。サッカー場かパブ以外にはどこへもいかないような人たちまでみんな彼らの音楽が好きなんですよね。

ただ恐ろしいことを発見。。。私たちは2階の座席を予約してみていました。1階はアリーナ、つまりオールスタンディング。彼らは早めに会場に入って前でオアシスを見たいという大ファンの方々です。なので当然コンサートが始まったらそこから離れることなくずーっと立ってみているのですがとにかくコンサート中ビールのプラスチックのコップがビールとともに飛び回っているんです。「ひやーこんな光景やっぱりイギリスのオアシスのコンサートじゃないと見れないね。お酒をなげるなんて。。。」そしたらご主人様が恐ろしい発言を!「違うよ。あれは動けないし、トイレにいけないからコップにおしっこをいれて投げているんだ。だから俺はオアシスのコンサートでは絶対スタンディング・チケットは買わない」 「。。。。。。。えーーーーー!!!!!!!!」

ちょっとショックでした。確かにオアシスのコンサートに来ている観客はちょいとガラが悪いんです。特に若者たち。。。。全員がリアム・ギャラがー気取りで必要以上に悪ぶっているんです。それ以外はお年寄りからサラリーマン系とさまざまの年齢の人たちがいてよいのですがアリーナ席は絶対怖いですね。そんなショッキングな話もありましたが、今回のオアシスのコンサートはとってもよかったです。また次回もきたら行ってみたいです。次のコンサートは、ラウンドハウスというカムデンタウンの小さなライブハウス。毎年この時期に行われるBBCエレクトリック・プロムスの一環として行われます(ちなみにチケットは40秒でソールドアウト!もちろん買えませんでした・・・)。しかし来年の夏にはウェンブリースタジアムでのショーが予定されています。今度はもっと大規模になるね~

ちなみに今回のコンサートはMTVにてライブ放送されました~
見てみたい方はこちらを↓
http://www.mtv.co.uk/channel/454097-oasis-live-wembley

そしてこちらは会場でおねだりして買ってもらったオアシスTシャツでーす♪
e0084888_6252914.jpg

[PR]
by ayufugu0622 | 2008-10-20 05:16 | 日々のこと

バンクホリデー2日目

さてさて1日目の続きと2日目のアップです。
今回は1泊2日のショート旅行。ちょっとハードスケジュールになるかなと思ったんですが、交通渋滞もなくスムーズに1日目からバイブリー、ボートン・オン・ザ・ウォーターに行けました。おかげで滞在先のチェルトナムにも1日目の夕方には余裕で到着。時間がまだあったのでホルスト博物館に行きました。ご主人様が「グスタフ・ホルストの博物館に行きたい!」っとやたら言っていたのでどうせまた私のしらない作家の博物館ね。。っと聞き流していたら!!!あのクラッシックで有名な組曲「惑星」の作曲者、ホルストの家だったんです。名前と顔、そして音楽が全く一致しない私はその博物館に入ってようやく気がつき一人で感動していました(笑)
e0084888_3365971.jpg

そう、ちび猫は一応クラッシック畑育ちなのですが。。。。(恥)
しかもこの場所は以前両親と旅行の最中にバスで通ったそうです。(私は全く覚えていない)そしてご主人様によると私の父親が「ほーこんなところにホルストの家があるんだ~」っと感心して言っていたそうな。。。。とにかくここにまた遊びにきてよかった!!!!

さてさてホルスト家は音楽一家で父親、お祖父さんとピアニスト、オルガニストとしてしられていたそうです。この博物館は以前グスタフが7歳まで住んでいたこの場所、そしてこの家を博物館として現在公開していて中には当時使われていたものがたくさん展示されていてとっても面白かったです。特に私が感動したのはグスタフが使っていたピアノ。このピアノで惑星をつくったそうですよ。
e0084888_3411326.jpg

しかもこれ触れちゃうんです!思わず触って音をだしてみました。鍵盤の軽いこと!グスタフは手の神経が悪かったのかわざと軽い鍵盤を使っていたそうです。

そしてこちらはオルガン。小さいでしょ~ちゃんと音はでていましたよ。
e0084888_3432343.jpg

そのほかにオルガンがもう一台、そしてハープが一台展示されていました。あとは寝室、子供部屋、メイドが使っていたせまーい部屋、キッチンなどなどとにかく見ていてとっても楽しいお屋敷でした。あとグスタフはウィリアムモリスととても親しかったらしく壁は私の大好きなウィリアムモリスのデザインでとても素敵でした。

2日目はちょっと足をのばしてバースに行ってきました。
あいにく天気が悪くてちょっと曇り空。。。
e0084888_3494541.jpg

有名なローマンバスは前回訪れたときに行ったので今回はロイヤル・クレッセントという場所に行ってきました。クレッセントとは三日月という意味だそうです。美しい曲線を描いた建物でバースを代表する有名な建築スタイルとのこと。中には入っていないのですがこの曲線はとっても美しかったです。当時中ではどんな生活がされていたんでしょうね♪
e0084888_353264.jpg

そしてもうひとつ訪れた場所はジェーン・オースティンの記念館。
e0084888_3542026.jpg

イギリスで有名な女流作家です。当然私は知らなかったのですが(笑)彼女は5年間ほどバースに滞在していたらしくバースの色々な場所も小説の中に登場しているそうです。有名な作品は「高慢と偏見」、「エマ」、「分別と多感」です。実はイギリスの映画だと思って「高慢と偏見」はDVDを買ったのを思い出しこれから見てみようと思います。。。気がつくのがいつも遅いのかまたご主人様に冷ややかな目で見られてしまいました。(笑)

そんな楽しい1泊2日のバンクホリデー旅行でした♪
[PR]
by ayufugu0622 | 2008-09-07 04:02 | 日々のこと

バンクホリデー

どうも~再びアップです。ほんとどうしたんだ!っていうぐらい更新してますよね。
つまりネタが豊富なのかも(苦笑)
さてさて先週末はイギリスのカレンダーでは年内最後の祝日(クリスマスは除いてですが)で3連休だったのでちょっとドライブがてら1泊2日のプチ旅行に行ってきました。

場所はコッツウォルズです。実はコッツウォルズは結婚してお互いの両親と一緒に2003年?だったかな?その頃にミニバンでコッツウォルズ、湖水地方などを旅行した以来行った事がなかったのです。久しぶりに行ってみたらやっぱりのんびりとしたとても素敵なところでした。

コッツウォルズは小さな村が集まった田舎です。前回訪れなかった場所、バイブリーに今回は足をのばしてみました。実はバイブリーは私が大好きなウィリアム・モリスが愛してかつて暮らしていたそうです。「イギリスで一番美しい村」と彼は言っていたそうです。
その美しい村がこちら↓
有名な蜂蜜色のコッツウォルズストーンで造られた家です。
e0084888_6441129.jpg
e0084888_6442864.jpg
e0084888_6444524.jpg

そしてバイブリーの村の中にとてもきれいな川が流れていてそこにはマスがたくさん泳いでいるんです。イングラント最古のマス養殖場があり、もちろんランチでいただいたものはマス。フレッシュでおいしかった~川魚って結構生臭いんですがこれは大丈夫でした。
e0084888_6463444.jpg
e0084888_6464942.jpg

ランチの後にはもうひとつの村、ボートン・オン・ザ・ウォーターに行ってきました。ここは以前両親と訪れた場所で、この村も真ん中に川が流れていてコッツウォルズの中で最も人気のある村です。バンクホリデーということもあって人だらけでちょっとがっかり。でも前回と違って面白いところに行ってきました。
e0084888_654328.jpg

よーくみてみください。
e0084888_6544636.jpg

ほら。。。
e0084888_655152.jpg

そうなんです、ミニチュア村なんです♪

よくできていますよね。写真でみると本物みたいですもの!

そして休憩にはアフタヌーンティー♪ 
実はこのお店以前私の両親とお茶をしたところなんです。
なんかとっても懐かしくて思わず入ってしまいました。店の雰囲気は以前と変わらずとてもこじんまりとして素朴で、店員のおばちゃまもフレンドリーな素敵なティールームでした。もちろんスコーンもおいしかったですよ。うーむ、この写真だけじゃお母さんたちは思い出せないな。。
e0084888_658516.jpg


そんなのんびりした一日目でした。二日目はご主人様が以前大学に通っていたというチェルトナムの街を紹介しますね。
[PR]
by ayufugu0622 | 2008-08-29 07:04 | 日々のこと