春ですね♪イギリスは祝日が4月、5月にはちょこちょこあるのでちょっとうれしいな♪


by ayufugu0622
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

至福のひと時 パート2

ひゃーーーもう11月!!2008年も残り僅か。。。。怖いですね~。ついこの間新しい年が始まったと思っていたのに(涙)。歳を重ねるにつれて1年がどんどん早くなると言われますがまさにその通りですね。。。。

さて昨日は我が家には久しぶりにお客様がいらっしゃいました。ご主人様の上司(?)にあたるイギリス人の方です。ご主人様同様、かなりの大食漢と聞いていたので、「気合を入れて夕ご飯を作らなければ!」と覚悟をしていたものの、会ってみてびっくり!!身長190センチ、体重は100キロを裕に超えているであろう巨人でした。しかし怯むことなくさらに気合いを入れなおしたちび猫。ご主人様と仲良しになる方々はある意味、常識的理解の枠を超えた超人(?)たちが多いのでこれくらいヘッチャラなんです!

ちなみに彼は日本を4度も訪れたことがあるという大の日本びいきです。
ですから夕食は遠慮せずに日本食をたーーーーっぷり!
e0084888_2452131.jpg

じゃじゃーんまずはメインの海鮮丼!もうここは日本かと思えるぐらいいっぱいのっけちゃいました。ちなみにこれは私の分なので小さめのどんぶりです。ご主人様とお客様はどんぶりでは入りきらなかったので大皿を使いました(笑)具はえび、いか、たこ、卵、いくら、はまち、かつお、鯛、サーモン。もうとってもおいしくてちび猫は大興奮状態でした。もちろんお客様も大喜び♪

そしてこれだけで足りないと思い、追加のおかずを作りました。
餃子と焼き鳥です。(ここは日本か!?)って思っちゃいますよね(笑)
e0084888_246470.jpg

こんなにいっぱいお肉、お魚を食べることはめったにないちび猫家なのでちょっと不思議な感じでした(笑)。

あとは野菜サラダとジャガイモ入りお味噌汁。さすがの巨漢英国人も最後はお腹がいっぱいで苦しそうでした。また彼は緑茶が大好きとのことで、おおきなマグカップに7-8杯飲んでいました。こんなに飲んだらカフェイン中毒にならないかと心配するほど。。。しかしこれだけ飲んで食べてくれると作るほうとしては気持ちのいいものです。彼は今年56歳なのですが、がっちりした筋肉もりもりの身体で、運動も毎日欠かさずにされているということでした。とにかく大の話好きで朝10時から夜の10時までノンストップで話づめ。非常にエンタテイメント性に富んだ面白い話をされる方でしたが、さすがのちび猫も最後はちょいとくたくたでした(笑)。ちなみにうちの旦那様は上記内容に加え、ご飯を御代わりした上にちび猫が食べきれずに残した分もすべてペロリと平らげていました。いい加減にしないとまた太るよ~!もう~~!!

今日は面白いお話がたくさん聞けた上に、こんなに美味しいものもいっぱい食べられて本当に楽しい1日でした。人の出会いは不思議なものです。外国へ来てご主人様を通して知り合った大きなおじさんが今はちび猫の友達でもあります。いっしょに美味しいものを食べてたくさんお話してたくさん笑った人のことは忘れませんからね。
[PR]
# by ayufugu0622 | 2008-11-03 03:16 | 日々のこと

至福のひと時

秋といえば芸術ですがやっぱり食べ物もね~いっぱい食べたいですよね。
友達と「お団子が食べたいね。。。」っと話していたところ海外では自分で作らない限り食べれないので(笑)私の友達、Nちゃんが張り切ってくれました。

作り方は簡単(本人曰く。。。)
白玉粉を水でねりねり、そしてお団子の形にくるくる丸めて、それを一度ゆでます。それからフライパンでちょっと焼いてあげると香ばしさがでておいしいらしいですよ。そしてたれも簡単。しょうゆ、みりん、砂糖でみたらし団子の出来上がり~!!!!!!

こんな作業を私が子供のピアノレッスン中に我が家のキッチンでもくもく作っていただきました。
レッスンを終えた頃にはおいしい3時のおやつ♪

じゃじゃじゃーん、みたらし団子です。残念ながら串がなかったので団子のみ。
e0084888_17474146.jpg



なんか不思議なものに見えますよね。でも味は最高!!!!もちもち&香ばしさがなんともいえません!フライパンで焼くのが結構大きなポイントですね!私もやってみようかな~っとおもいつつこの2段階作業がめんどくさくてやらないんですよね。(苦笑)また次回、Nちゃんに作ってもらいます。今度はいろいろな味の団子パーディーをする予定なので。。。うふ♪
[PR]
# by ayufugu0622 | 2008-10-26 17:48 | お菓子
この間もお伝えしたとおり、ちび猫家は秋のエンターテイメントで大忙し。
今週はオアシスのコンサートにウェンブリーアリーナまで行ってまいりました。
オアシスのコンサートは以前に名古屋で2回見たことがありますが、ロンドンで見るのは今回が初めて。しかもウェンブリーも初めてだったのでちょっとわくわく。

ウェンブリーアリーナはスタジアムの横にある3000名規模のホールで、スタジアムに比べたらだいぶ小さいけどちょうどよい大きさでした。それにしても会場の中に入ったらびっくり。みんな片手にビール、ビール、ビール、ここはパブか?っと思えるぐらいお酒をくるったように飲んでおりました。イギリスは会場に持ち込みOKなので演奏が始まってもビール片手に大盛り上がり。パイントが空になると演奏の途中でもお構いなくバーにいそいそとビールを買いに行ってしまう・・・これが英国流コンサートの楽しみ方なんですね! パブに集まって大型スクリーンでビール片手にサッカー観戦をするのと同じノリです。

前座のバンドが演奏しているときは3分の1くらいの客入りだったけど、オアシスの演奏が始まったとたんに会場はぎっしり。外で飲んでいた客は気が付けば全員会場の中にいました。演奏が始まるやいなや会場は大合唱状態。オアシスの曲は英国版「みんなのうた」なんです! いや~ここまでみんな盛り上がってくれるとほんとに気持ちいいですね。オープニング曲の「ロックンロールスター」からアンコールに演奏されたビートルズのカバー曲「アイアムザウォルラス」まで会場はあまり馴染みのないニューアルバムからの曲を除いて最後まで大合唱が続きました。心地よく酔っ払って大声で一緒に歌う、ちび猫はトイレが近いのでちょっとお酒は我慢していたのですが、こんな音楽の聴き方もいいかもと改めてイギリススタイルに感心してしまいました。オアシスのすごいところは普段はCDなど絶対に買わないような人までファンにしてしまうところ。サッカー場かパブ以外にはどこへもいかないような人たちまでみんな彼らの音楽が好きなんですよね。

ただ恐ろしいことを発見。。。私たちは2階の座席を予約してみていました。1階はアリーナ、つまりオールスタンディング。彼らは早めに会場に入って前でオアシスを見たいという大ファンの方々です。なので当然コンサートが始まったらそこから離れることなくずーっと立ってみているのですがとにかくコンサート中ビールのプラスチックのコップがビールとともに飛び回っているんです。「ひやーこんな光景やっぱりイギリスのオアシスのコンサートじゃないと見れないね。お酒をなげるなんて。。。」そしたらご主人様が恐ろしい発言を!「違うよ。あれは動けないし、トイレにいけないからコップにおしっこをいれて投げているんだ。だから俺はオアシスのコンサートでは絶対スタンディング・チケットは買わない」 「。。。。。。。えーーーーー!!!!!!!!」

ちょっとショックでした。確かにオアシスのコンサートに来ている観客はちょいとガラが悪いんです。特に若者たち。。。。全員がリアム・ギャラがー気取りで必要以上に悪ぶっているんです。それ以外はお年寄りからサラリーマン系とさまざまの年齢の人たちがいてよいのですがアリーナ席は絶対怖いですね。そんなショッキングな話もありましたが、今回のオアシスのコンサートはとってもよかったです。また次回もきたら行ってみたいです。次のコンサートは、ラウンドハウスというカムデンタウンの小さなライブハウス。毎年この時期に行われるBBCエレクトリック・プロムスの一環として行われます(ちなみにチケットは40秒でソールドアウト!もちろん買えませんでした・・・)。しかし来年の夏にはウェンブリースタジアムでのショーが予定されています。今度はもっと大規模になるね~

ちなみに今回のコンサートはMTVにてライブ放送されました~
見てみたい方はこちらを↓
http://www.mtv.co.uk/channel/454097-oasis-live-wembley

そしてこちらは会場でおねだりして買ってもらったオアシスTシャツでーす♪
e0084888_6252914.jpg

[PR]
# by ayufugu0622 | 2008-10-20 05:16 | 日々のこと

うれしいご対面♪

秋ですね~秋といえば食欲の秋、読書の秋、そして芸術の秋!
音楽、映画、読書が大好きな我が家は各種イベントで秋は毎年大忙しです。

まず出かけたのが昨年もこのブログに登場したスティーブンビショップのコンサート。彼は本当にすばらしいシンガーソングライターです。とてもやさしい穏やかなメロディーにマッチする綺麗でやさしい声。しかも彼の作品は、秋をイメージさせる少し物悲しい感じの曲が一杯なんですよ~そんなわけでまたまた彼のコンサートに行ってきました。最初に彼のコンサートに行ったのは1年前の5月にパリ。それから今年の6月にリバプール。そして今回はロンドン。この2年の間になんと3回も行ってしまったのです。今回はとても小さな会場だったので、いつもより興奮度がかなり高かった!!そしてさらに私たちをヒートアップさせたのが大御所「エリッククラプトン」の登場!!!ちょうど私たちがスタッフオンリーの出口を通った瞬間に彼が現れたんです。当然のことながら私は全く気が付かなかったかったけど、ご主人様がすぐに反応!「Hi Mr. Clapton!」と話しかけると「Hi! How are you?」とにこやかに笑ってくれました。びっくりした~!!!!その後、彼はステージにではなく一般席に腰を落ち着け、若いとてもきれいな彼女とアイスクリームを食べながら最後までコンサートを鑑賞していました!しかもちょうど私たちの一列前で!!これだからロンドンは面白い!!!そしてコンサートの後は恒例のサイン会。スティーブンの大ファンのご主人様と並んでサイン&写真を撮ってもらいました。いや~よいコンサートだった。是非皆さんもスティーブンビショップの音楽を聞いてみてくださいね。ちなみにスティーブンの前座を務めたミュージシャン、ジョン・オコーネルはリヴァプール出身のフォークバンド「グラウンド・ピッグ」の主要メンバーでご主人様のリヴァプール時代の悪友の一人だったとか。コンサートの後、2人はスカウス・アクセント(リヴァプール訛り)丸出しで2人にしか理解できない会話を続けゲラゲラ笑っていました・・・
e0084888_6424295.jpg


さて、お次はちび猫が大好きな英国を代表する人気セレブシェフ、ジェイミーオリバー!去年のちび猫の誕生日にご主人様が彼のサイン入りの料理本と写真をプレゼントしてくれたのですが、なんと今年はそのジェイミーに私自身会うことができました!今年もまた料理本出版記念のサイン会があったのです。生ジェイミーにあうのはこれで2度目。最初は4年前にハムステッドの路上でばったり! あの時は緊張したなぁ・・・ 相変わら普通の感じで素敵(笑)。あの気取らない気さくな雰囲気が大好きなんですよね~ただ年々太っておっさんになってきているような。。。。しょうがないか。それは私もかも。。。(汗)
残念ながら今回のサイン会では前回ご主人様が行ったサイン会のようなまったりした雰囲気はなくぱっぱと進めてサインと握手のみ。ツーショットは禁止だったので逆光のこんな写真しか取れませんでした~!!!!! 余談ですが、ジェイミーは何故かウチのご主人様と「ポン酢」と「ゆずジュース」の話で大盛り上がりしていました。みんな流れ作業で30秒くらいしかコミュニケーションできなかったのに、ご主人様だけ5分以上も話していたんです。ちなみに並んで待っている人たちに悪いからその場を離れようとするご主人様に次々と話を振ったのはジェイミーの方でした。
e0084888_6405125.jpg

ちなみにこれは去年のジェイミ~♪
e0084888_6461612.jpg

[PR]
# by ayufugu0622 | 2008-10-10 06:54

夏の終わりに。。。2

さてさてあっという間にマヨルカで2日間を過ごしたので3日はのんびりまた一日ビーチ。気温はロンドンと違って37度近くあったのでビーチで横になっては海に入っていました。そして昼間動き回るととてつもなく暑いので夕方から行動。シエスタがまさしく必要なマヨルカでした。

4日目はまたお昼過ぎぐらいから観光。今回はバスで15分~20分ぐらいのところにあるアルクディアという町に行きました。実はここに本当はとまりたかったんです。白い砂浜の美しいビーチと言われていたので。。。。。残念ながらホテルが満員で取れなかったんです。

アルクディアは14世紀の城壁に囲まれて、中世の名残をとどめた町で、ここから数キロの海岸にたくさんのリゾートホテルがならんでいるんです。そのビーチからちょっと離れたアルクディア港との中間地点にはローマ時代の劇場跡の色々な遺跡がまだ今でも残っていてそこが以外にも面白かったです。

e0084888_701553.jpg

入り口はこんな感じでかわいらしいお店がちょこちょこ。ちょっと不思議な空間で素敵♪

e0084888_71134.jpg

さらに奥に入っていくとこんな素敵な普通の家が。。。こんなところに人が住んでるのね。

e0084888_72361.jpg

そして上を見上げると実はこのエリアはローマ時代から残っている城壁に囲まれていたんです。遺跡が大好きなご主人様はまた大興奮。私は暑さにちょっとばてながらとぼとぼ
この上を歩いてみました。(笑)

e0084888_722225.jpg

これは城壁からみえる風景。
e0084888_762825.jpg

こんな古い家もまだ残っているんですね。

e0084888_772482.jpg

そしてこんな素敵なレストランも城壁の下には。。。

アルクディアは予想以上に楽しい場所でした。なんか歩いているだけでわくわくするというかき分がよかった♪しかも念願の大きいスーパーも見つかってたくさんお買い物を楽しみました。
スーパーが大好きなちび猫は大大満足。

こんな感じでマヨルカ旅行は特にプランも立てずにぶらり二人旅を楽しみました。
残りの一日はもちろんまたまたビーチ。にこにこしながらちび猫は太陽をあびておりました。
毎日ビールはアイスクリームをたべて、夜はサングリア、シーフード三昧。今回はちょっとピンボケで写真はお見せできないのですが全くはずれがなくてうまかったぁ~!!!!

来年もまたビーチリゾートに行きたいな~どこにしよう。。。うふ♪
[PR]
# by ayufugu0622 | 2008-09-29 07:14

夏の終わりに。。。

こんにちわ。皆さんお元気ですか?
ロンドンはずいぶん涼しくというか寒くなりましたね。そう、もう秋です。あっという間に冬にならないといいのですが。。。(汗)

さて最後の夏を満喫するために、ちび猫家はスペインのマヨルカ島に遊びにいってきました。
久しぶりに暑いところだったのでちび猫は大大興奮!暑いところが大好きなんです~

ホテルには夜に着いたので次の日から行動開始。まず一日目は何をしたかというと。。。
e0084888_292020.jpg

こんなにビーチが私たちをウェルカムしてくれているのでまったり一日日光浴を楽しみました。
何せホテルの目の前がこのビーチ!気軽に泳げて、日光浴もできるので最高でした。実は何年ぶりかに海で泳いだのですがいいですね!日本ほど塩もきつくなくお水は透き通っていてすっかりはまってしまいました。ちび猫はもともと泳ぎはそんなにできないので現地で浮き輪を購入。波にながされながらちゃぷちゃぷされるのが超快適でした!驚いたことにご主人様はとても泳ぎが上手でびっくりしました。高い波の日には興奮しながら波にのっていたもの。。。ちび猫は何度波にうたれて流されたか。。。(涙)
e0084888_2112312.jpg
e0084888_2114436.jpg


そして二日目はパルマ観光。パルマはマヨルカ島の中心地です。観光客(特にイギリス人)がわんさかいるのでうるさいと聞いたのでちび猫夫婦はそこから1時間ぐらい離れているところに滞在しました。パルマまでは高速バスでたったの一時間。なかなか交通の便もよかったですよ。

ただちょっと失敗したのが今日は日曜日。そのためお店などはすべて閉まっていてにぎやかなエリアは観光地のみ。それ以外はしーーーーーんっとちょっとさびしかったです。
e0084888_2144948.jpg
e0084888_2151075.jpg

しかもシエスタの時間(2時ぐらいから5時ぐらいまで)はさらにお店は閉まってしまうので、どうしよう~っと思ったのですが、この日はひたすら歩くハードな一日となりました。だって買い物もできないし、お店もみれない。。そうなるとやっぱり建物をみたり美術館にいったりする観光しかないんですよね。それにしても日差しが強い。暑い。。。じりじり皮膚が痛くなるぐらい暑い。きっとちび猫の体はイギリス人化しているんだわ。。。。そんな状態の中をてくてく歩いていたら新たなる試練が。。。こちらはパルマにあるポート。
e0084888_2171747.jpg

ここからあるお城が丘の上に見えたんです。非常に建築物に興味をもったご主人様は「これなら歩けるぞ!歩いていってみよ~!」(なんとなくそんな気がしていたちび猫。。。)

ひたすら歩いて、歩いて。。。
e0084888_218453.jpg

さらにひたすら歩いて、歩いて。。。なんとここまでたどり着きました。
そう、下に見えるのが私たちが最初にいたポート。
e0084888_2193454.jpg

さらに歩いて歩いて。。。。そうなんです。ここまで結局歩いてしまったんです。
もともと歩くのが大好きな私たちなのですが炎天下の中を歩くのはきつかった!!!!
私はへとへとでした。でも最後に到着したときはなかなかの爽快感でした。
ちなみにこの場所は牢獄に使われていたそうです。中はこんな感じ。
e0084888_2212100.jpg


何せ今回の旅行はガイドブックも全くない旅だったのでどこに行くのかもさっぱりわからず、ある意味非常にのんびりした行き当たりばったり旅行で気が楽でした。昔はすべて計画をたてて旅行するのが好きだったのにすっかりかわってしまいましたわ(笑)

そんな1日、2日目のご報告でした♪
またアップしますね~
[PR]
# by ayufugu0622 | 2008-09-21 02:32 | Mallorca

バンクホリデー2日目

さてさて1日目の続きと2日目のアップです。
今回は1泊2日のショート旅行。ちょっとハードスケジュールになるかなと思ったんですが、交通渋滞もなくスムーズに1日目からバイブリー、ボートン・オン・ザ・ウォーターに行けました。おかげで滞在先のチェルトナムにも1日目の夕方には余裕で到着。時間がまだあったのでホルスト博物館に行きました。ご主人様が「グスタフ・ホルストの博物館に行きたい!」っとやたら言っていたのでどうせまた私のしらない作家の博物館ね。。っと聞き流していたら!!!あのクラッシックで有名な組曲「惑星」の作曲者、ホルストの家だったんです。名前と顔、そして音楽が全く一致しない私はその博物館に入ってようやく気がつき一人で感動していました(笑)
e0084888_3365971.jpg

そう、ちび猫は一応クラッシック畑育ちなのですが。。。。(恥)
しかもこの場所は以前両親と旅行の最中にバスで通ったそうです。(私は全く覚えていない)そしてご主人様によると私の父親が「ほーこんなところにホルストの家があるんだ~」っと感心して言っていたそうな。。。。とにかくここにまた遊びにきてよかった!!!!

さてさてホルスト家は音楽一家で父親、お祖父さんとピアニスト、オルガニストとしてしられていたそうです。この博物館は以前グスタフが7歳まで住んでいたこの場所、そしてこの家を博物館として現在公開していて中には当時使われていたものがたくさん展示されていてとっても面白かったです。特に私が感動したのはグスタフが使っていたピアノ。このピアノで惑星をつくったそうですよ。
e0084888_3411326.jpg

しかもこれ触れちゃうんです!思わず触って音をだしてみました。鍵盤の軽いこと!グスタフは手の神経が悪かったのかわざと軽い鍵盤を使っていたそうです。

そしてこちらはオルガン。小さいでしょ~ちゃんと音はでていましたよ。
e0084888_3432343.jpg

そのほかにオルガンがもう一台、そしてハープが一台展示されていました。あとは寝室、子供部屋、メイドが使っていたせまーい部屋、キッチンなどなどとにかく見ていてとっても楽しいお屋敷でした。あとグスタフはウィリアムモリスととても親しかったらしく壁は私の大好きなウィリアムモリスのデザインでとても素敵でした。

2日目はちょっと足をのばしてバースに行ってきました。
あいにく天気が悪くてちょっと曇り空。。。
e0084888_3494541.jpg

有名なローマンバスは前回訪れたときに行ったので今回はロイヤル・クレッセントという場所に行ってきました。クレッセントとは三日月という意味だそうです。美しい曲線を描いた建物でバースを代表する有名な建築スタイルとのこと。中には入っていないのですがこの曲線はとっても美しかったです。当時中ではどんな生活がされていたんでしょうね♪
e0084888_353264.jpg

そしてもうひとつ訪れた場所はジェーン・オースティンの記念館。
e0084888_3542026.jpg

イギリスで有名な女流作家です。当然私は知らなかったのですが(笑)彼女は5年間ほどバースに滞在していたらしくバースの色々な場所も小説の中に登場しているそうです。有名な作品は「高慢と偏見」、「エマ」、「分別と多感」です。実はイギリスの映画だと思って「高慢と偏見」はDVDを買ったのを思い出しこれから見てみようと思います。。。気がつくのがいつも遅いのかまたご主人様に冷ややかな目で見られてしまいました。(笑)

そんな楽しい1泊2日のバンクホリデー旅行でした♪
[PR]
# by ayufugu0622 | 2008-09-07 04:02 | 日々のこと

バンクホリデー

どうも~再びアップです。ほんとどうしたんだ!っていうぐらい更新してますよね。
つまりネタが豊富なのかも(苦笑)
さてさて先週末はイギリスのカレンダーでは年内最後の祝日(クリスマスは除いてですが)で3連休だったのでちょっとドライブがてら1泊2日のプチ旅行に行ってきました。

場所はコッツウォルズです。実はコッツウォルズは結婚してお互いの両親と一緒に2003年?だったかな?その頃にミニバンでコッツウォルズ、湖水地方などを旅行した以来行った事がなかったのです。久しぶりに行ってみたらやっぱりのんびりとしたとても素敵なところでした。

コッツウォルズは小さな村が集まった田舎です。前回訪れなかった場所、バイブリーに今回は足をのばしてみました。実はバイブリーは私が大好きなウィリアム・モリスが愛してかつて暮らしていたそうです。「イギリスで一番美しい村」と彼は言っていたそうです。
その美しい村がこちら↓
有名な蜂蜜色のコッツウォルズストーンで造られた家です。
e0084888_6441129.jpg
e0084888_6442864.jpg
e0084888_6444524.jpg

そしてバイブリーの村の中にとてもきれいな川が流れていてそこにはマスがたくさん泳いでいるんです。イングラント最古のマス養殖場があり、もちろんランチでいただいたものはマス。フレッシュでおいしかった~川魚って結構生臭いんですがこれは大丈夫でした。
e0084888_6463444.jpg
e0084888_6464942.jpg

ランチの後にはもうひとつの村、ボートン・オン・ザ・ウォーターに行ってきました。ここは以前両親と訪れた場所で、この村も真ん中に川が流れていてコッツウォルズの中で最も人気のある村です。バンクホリデーということもあって人だらけでちょっとがっかり。でも前回と違って面白いところに行ってきました。
e0084888_654328.jpg

よーくみてみください。
e0084888_6544636.jpg

ほら。。。
e0084888_655152.jpg

そうなんです、ミニチュア村なんです♪

よくできていますよね。写真でみると本物みたいですもの!

そして休憩にはアフタヌーンティー♪ 
実はこのお店以前私の両親とお茶をしたところなんです。
なんかとっても懐かしくて思わず入ってしまいました。店の雰囲気は以前と変わらずとてもこじんまりとして素朴で、店員のおばちゃまもフレンドリーな素敵なティールームでした。もちろんスコーンもおいしかったですよ。うーむ、この写真だけじゃお母さんたちは思い出せないな。。
e0084888_658516.jpg


そんなのんびりした一日目でした。二日目はご主人様が以前大学に通っていたというチェルトナムの街を紹介しますね。
[PR]
# by ayufugu0622 | 2008-08-29 07:04 | 日々のこと
先週末はハンプトンコートに行ってきました。実はロンドンに5年近くいながら意外に観光をしていなかったので最近は毎週末お出かけしております。なぜなら我が家にはスーパー車が登場し、どこに行くにしても便利になりました。以前は電車やバスを乗り継いでえっちらおっちら、しかも日本食屋さんに米を買いに行くのもリュックで運んでいたので我が家の生活はずいぶん変わりました。やっぱり車ってとってもありがたいですね~♪♪♪

さてさて本題のハンプトン・コート・パレスですがイギリスの有名な王と王妃が暮らしていたとても有名なお城。。500年にも及ぶ英国王室の歴史の中で大事な舞台となったそうです。
お城の中にはとにかくたくさんの部屋があってびっくり!!長くこの宮殿で暮らしていたヘンリー八世のプライベートルーム、王妃たちの部屋、およそ600人の食を支える巨大キッチンなど、書き出したらきりがないので省略させてもらいます。

残念ながら宮殿の中は実は写真を撮っていません。だって当時そこに住んでいた王や王妃の幽霊が頻繁にでるということでとても有名な宮殿なんですもの。。。。監視カメラにもばっちりうつっていたとか。。ちょっと怖いですよね。実は私たち二人とも宮殿の中に入ってしばらくしたら頭がすごく痛くなったんです。特にご主人様は幽霊をよくみるそうでまさしくそういう予感がしたときは頭が痛くなるとか。私の場合はたんなる頭痛だったかも(笑)案の定お城を出た瞬間ご主人様の頭痛はすーっと消えのでちょっと怖かったです。(汗)

あとお勧めはハンプトン・コートのお庭です。
広さ24万平方メートル以上といわれてその中には迷路、南、北、東の庭園とそれはそれは広大な土地を使った立派な庭園でした。私、個人的にはもっと自然な庭園が好きなのですが(あまりにもきちんとされていたので。。。)こんな庭園を毎日窓から眺めていた王や王妃たちは幸せだったろうな思いました。あまりにも広すぎてカメラにはこんな感じでしか撮れませんでした。

e0084888_5433946.jpg
e0084888_544118.jpg
e0084888_5443762.jpg
e0084888_5445677.jpg


さてさて来週はどこにいこうかな~♪
[PR]
# by ayufugu0622 | 2008-08-25 05:52

カンタベリー

先週の日曜日はなんとこーんな素敵な青空だったので遠出でカンタベリーまで行ってきました。
e0084888_6374884.jpg


カンタベリーといえばカンタベリー大聖堂。英国国協会の総本山で英国最大の巡礼地です。
またチョーサーの「カンタベリー物語」でも有名な場所だそうです。恥ずかしながら「ちょうさん?日本人?」などとアホなことを言ってご主人様にあきれられてしまいました。ちなみにロンドンからカンタベリーに向かう巡礼の一団が色々おもしろい話をするという内容だそうです。

さてカンタベリーは非常に小さい街なので3時間もあれば十分全体を把握できました。
まずはメインのカンタベリー大聖堂♪
e0084888_6382896.jpg

e0084888_6401783.jpg

e0084888_6413980.jpg

このゴシック様式の大聖堂は遠くからもとても美しくすばらしい大聖堂でした。

あと街の中にリバーウォークとやらがありボートにのりながら回れるとか。
水がすきとおっていてきれいでしたよ。
e0084888_644295.jpg


カンタベリーを満喫した後10分ほど離れたチラム村というところに行ってきました。
ガイドブックによると中世の雰囲気がそのまんま残された村と書いてあったのでかなり楽しみにしながら行ってみたら非常に小さい村でちょっとがっかり。でも確かに建物はこんな感じで素敵でした。
e0084888_64742100.jpg
e0084888_6481943.jpg


家からカンタベリーまでは約2時間近くかかったのでちょっと遠かったけどまたまた楽しい日曜日が過ごせてよかったです♪
[PR]
# by ayufugu0622 | 2008-08-17 06:52